シュタイデルが企画、ロバート・フランク「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」展

ロバート・フランク「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」展が、11月11日(金)より上野・東京藝術大学大学美術館 陳列館で開催。

EXHIBITION

11 November 2016

Share

Robert Frank Tunnel (video still), color and black & white, 4 minutes, 2005

Robert Frank Tunnel (video still), color and black & white, 4 minutes, 2005 © Robert Frank

ロバート・フランクは1924年、スイス・チューリッヒ生まれ。20世紀の写真表現を代表する写真家の一人であり、直感的に写真を配列・構成する独自の手法で、写真の新たな表現方法を築き上げてきた。1947年にはアメリカに移住し、以後静止画と映画の美学を再定義するような作品を制作。現在はニューヨークとカナダのノバ・スコシア州在住。

おもに大学や学校などの教育機関を会場として世界を巡回している本展。フランクのオリジナルプリントは非常に繊細な扱いが求められるため、ほとんど公開されていない。その現状を背景に、Steidl社のゲルハルト・シュタイデルによって企画された本展は、フランクの写真をどんな会場にでもすぐに設置できる廉価な新聞用紙で印刷し、さらに会期の終了とともに破棄するという、美術市場の売買と消費のサイクルを回避できる構成となっている。

東京展では東京藝術大学の学生が主体となって企画、広報、什器制作などを行っており、また本展カタログはドイツの日刊紙・南ドイツ新聞の特別エディションとして500円で販売される。

なお会期中11月23日(水・祝)には、鈴木理策×松下計シンポジウムが行われるほか、最終日には会期終了とともに作品を破棄するというコンセプトのもと、コンテンポラリーダンスやライブペイント、音、光などさまざまな表現を駆使した展覧会の集大成となるライブパフォーマンスが行われる。

タイトル

「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」

会期

2016年11月11日(金)~11月24日(木)

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館 (東京都)

時間

10:00~18:00(土曜は17:30まで)

入場料

無料

URL

http://steidlxtua.tumblr.com/

Share

Recommend Posts