Art Photo Pilgrimage

八ヶ岳、アートフォト探訪の旅

AREA

山梨県

Audi Q7

1 2 3 NEXT PAGE

細江英公が館長を務める清里フォトアートミュージアムの存在のみならず、多くの写真家が拠点を構え、またアートフォト作品の舞台ともなってきた八ヶ岳エリア。旧来から避暑地としてのイメージが強いが、実はアート写真との縁はとても深い。気鋭のギャラリーも点在しアート熱が高い山麓を1泊2日でドライブするアート巡礼の旅。

文=加藤将太
写真=砺波周平

山梨県と長野県の境を南北に延びる形で位置する八ヶ岳は、高原リゾートのメッカとして人気を集めてきたエリアだ。近年は、その雄大な自然に憧れて移住する人も増えているが、写真家たちもまた豪快な山容や豊かな緑に魅了され作品を制作したり、海外での活躍がめざましい山本昌男や山内悠のように、移り住んでアトリエを構える写真家も少なくない。

写真家との関係のみならず、アートフォトの関連施設が存在するのも八ヶ岳周辺エリアの特徴だ。今回は、そのひとつひとつを訪れるために八ヶ岳を目指した。風光明媚な八ヶ岳山麓、白樺湖、車山高原を横目に、心地よい風を浴びながら高原ドライブを楽しんでいくと、まずは細江英公が館長を務める清里フォトアートミュージアムに到着する。1995年の開館以来一貫しているのは、世界の写真家を育てる「ヤング・ポートフォリオ」という活動。これは、35歳以下の写真家による創造性に富んだ作品を公募し、美術館の永久コレクションとして収蔵することで、後世に残すことを目的にしている。当館で定期的に開催されるヤング・ポートフォリオ展では、世界の写真家の原点に触れ、若き写真表現に宿る情熱を感じ取ることができる。

Day1 10:00
Kiyosato Museum Photographic Art
清里フォトアートミュージアム

山梨県北杜市高根町清里3545-1222
http://www.kmopa.com

清里高原の澄みきった大気と深い緑の中に佇む、日本でも数少ない写真専門美術館。館長は細江英公。最大の特徴は35歳以下の写真家によるユニークな作品を公募・永久収蔵するヤング・ポートフォリオという活動だが、プラチナプリントもコレクションするなど、貴重かつ圧倒的なアーカイブを誇る。館内には収蔵作家の写真集も書棚にずらりと並んでいて、閲覧できる。

細江英公《おとこと女 #20》1960年 Eikoh House

細江英公《おとこと女 #20》1960年 Eikoh House

1 2 3 NEXT PAGE