IMA 2014 Spring Vol.7

特集:イメージの中の動物たち

IMA 2014 Spring Vol.7

愛くるしく、優雅で、けなげ、ときに凶暴で、物悲しく、またはユーモラス。動物は、人や風景と並んで数多くの写真家を夢中にしてきた。マイブリッジが馬に魅せられ、連続写真を撮ったのは135年前のこと。21世紀になっても、いまだ馬を撮り続ける写真家がいる。それぞれの動物が持つ造形的魅力と、動きの面白さ、そして圧倒的な生命力はいつの時代もフォトジェニックで、古くて新しいモチーフなのだ。

PRICE:1,905円+tax

CONTENTS

巻頭ストーリー ジュリー・コックバーン
「Slight Exposure」
「見知らぬ誰かとの対話」インタビュー・文=ブラッド・ヒューヘルム

特集 イメージの中の動物たち
「Alchimies」サラ・ムーン
談=長澤章生
「The Widest Prairies」シャルロット・デュマ
文=石田 千
「Phenotype」ヨッヘン・ランパート
文=瀬名秀明
「Animal Abstraction」ロジャー・バレン
文=戌井昭人/若林 恵
「Animals and Juergen」ユルゲン・テラー
談=斎藤和弘

FABLES BY 3 PHOTOGRAPHERS「動物寓話写真劇場」
齋藤陽道×「桃太郎」/モーテン・ラング×「シビ王と鳩と鷹」
赤鹿麻耶×「三匹の子ぶたのお話」

MAN IS THE ONLY ANIMAL THAT CAN PHOTOGRAPH
スティーブン・ショア/ゲイリー・ウィノグランド/ピーター・ヒューゴ/ジョン・ディヴォラ/宮崎 学/ルーク・ステファンソン/須田一政/杉本博司/ダニエル・ヴァン・アーク/ジム・ダイン/サイメン・ヨハン/ポール・コイカー/深瀬昌久/ヘレン・ファン・ミーネ/田附 勝/ピーター・サザーランド/リチャード・ビリンガム

動物写真集、忘れられないこの見開き

写真のある暮らしをはじめよう

「The Factory Photographs」デヴィッド・リンチ

LOST & FOUND PROJECT
震災から3年を経て、写真が見つけたもの
対談:糸井重里×高橋宗正

Recommend Posts