IMA 2014 Autumn Vol.9

特集:写真とテクノロジーの密なる関係

IMA 2014 Autumn Vol.9

カメラオブスクラの登場以来、写真というメディアは日々刻々と進化するテクノロジーの歩みと一時たりとも離れたことがない。技術革新のビッグバンが起きるたび、写真表現の幅は拡張し、その意味や位置づけも大きく変容してきた。畢竟、写真家たちが見るもの、写すものも大きく変貌を遂げている。デジタル、ネットワーク、クラウド、アーカイヴ……今世紀に入って、その変容を加速させたテクノロジーの数々は、人智のおよぶ領域を拡張し、ますます多様に、愉快に発展していく。近未来の写真に何が起こるのか、目が離せない。

PRICE:1,944円+tax

Contents

巻頭ストーリー JH・エングストローム
「Tout va Bien」
インタビュー「二極性から生まれる独自的なヴィジュアル・ランゲージ」
文=伊東豊子

特集 写真とテクノロジーの密なる関係
「Limit Telephotography」トレヴァー・パグレン
文=ブラッド・フュールヘルム
「Best Before End」スティーブン・ギル
文=松田青子/菊田樹子
「The Enclave」リチャード・モス
文=山形浩生
「Trace」武田慎平
文=IMA
「ARECIBO」デヴィッド・トーマス・スミス
文=池上高志

写真界に聞く、写真とテクノロジーの関係性とは?

トーマス・ルフ「真実のようなフィクション」
文=クリストファー・シュレック

子どものための写真学校

「Early Color」ソール・ライター
文=八巻由利子

「La Guerre des gosses」レオン・ギンペル
文=リュス・ルバール

Recommend Posts