「開館25周年記念 MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです!」展に、杉本博司、ホンマタカシら作品

「開館25周年記念 MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです!」展が、2月25日(土)より香川県・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催。

20 January 2017

Share

中川幸夫《魔の山》1989年(再制作2001年)© 中川幸夫

中川幸夫《魔の山》1989年(再制作2001年)© 中川幸夫

同館の開館25周年を記念して開催される「開館25周年記念 MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです!」展。本展では、これまでまとまって紹介される機会がなかった同館のコレクションが一堂に公開される。

本展の見どころは、絵画や彫刻、写真といったカテゴリーに縛られず、いかに新しい表現を切り開いてきたかがよく分かる2000年代以降の現代美術作品や丸亀市に縁のある作品、中でも写真は、いけばな作家である中川幸夫の写真作品を始め、石内都、杉本博司からホンマタカシ、鈴木理策、やなぎみわ、野口里佳まで、錚々たる写真家の作品が並ぶ。

また関連イベントとして、本展の担当キュレーター・松村円によるキュレーターズトークが、会期中の毎週日曜に開催される。

タイトル

「開館25周年記念 MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです!」

会期

2017年2月25日(土)~5月28日(日)

会場

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県)

時間

10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

無休

観覧料

【一般】950(760)円【大学生】650(520)円*高校生以下または18歳未満・丸亀市内在住の65歳以上・各種障がい者手帳をお持ちの方は無料/( )内は前売りおよび20名以上の団体料金/同時開催常設展の観覧料含む

URL

http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2017/02/25/1591/

Share