涌井駿初個展「It was middle of journey」
アジア10カ国を巡り撮影した作品群

涌井駿「It was middle of journey」展が、7月17日(月)から東京・渋谷のKATAで開催。

06 July 2017

AREA

東京都

Share

It was middle of journey

涌井駿は1993年、福島県生まれの写真家。2017年、日本写真芸術専門学校卒業。

涌井の初個展となる本展「 It was middle of journey 」では、在学中にアジア10カ国を巡った際に撮影した写真や、帰国後に日本国内で撮影した写真が展示される。涌井独自の視点・距離感で撮影された写真は、人、物、環境が持つ関係性や作用を、静かに見つめ直す。

タイトル

「It was middle of journey」

会期

2017年7月17日(月・祝)〜7月23日(日)

会場

KATA(東京都)

時間

13:00~19:00(初日のみ18:00~20:00)

URL

http://kata-gallery.net/schedule/shunwakui_exhibition

Share