ソール・ライターのアパートメントを撮影、魂をとらえたオマージュ作品『SAUL LEITER』

フランソワ・アラールの作品集がLIBRARYMANから刊行。

27 September 2017

Share

SAUL LEITER

フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラールの作品集がLIBRARYMANから刊行された。本作にはソール・ライターが亡くなった2年後、作者がイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、朽ちた壁や空っぽのクローゼット、わずかに遺された私物などを撮影した写真が収録されている。

ライターの魂をとらえたアラールによるオマージュ的な本書は、ページをめくるうちにライター本人がどこかから出てくるのではないかと思うほどの臨場感を携える。アラールは、ライターが残した作品をインテリアの一部として撮っているが、そこに写りこんだ身体や人々を除いては、美しいほどに何もない空間が続く。徹底的に人間や身体が排除されていることを特徴とするアラールの作品において、こうしたものが写し出されていることこそが最も意外な要素かもしれない。

また本書の日本限定版としてtwelvebooksでプリント付きスペシャルエディションの予約を受付中。日本限定の10種のプリントから1種を選び、額装のあり・なしも指定できる。レギュラーエディションもプレオーダーをするとサイン入り書籍が手に入るので、早めのチェックを。

タイトル

『SAUL LEITER』

出版社

LIBRARYMAN

価格

6,800円+tax

発行年

2017年

仕様

ハードカバー/235mm×285mm/64ページ

URL

https://twelve-books.com/products/saul-leiter-by-francois-halard

Share