数々のアーティストが信頼を寄せる塩田正幸の個展
「ケの日ヒョウハク3 ーハテ/ hateー」

塩田正幸「ケの日ヒョウハク3 ーハテ/ hateー」展が、11月3日(木・祝)より吉祥寺・amalaで開催。

EXHIBITION

29 October 2016

Share

「ハテ/ hate #05-37」

「ハテ/ hate #05-37」, 623×521mm, type C-print, 2016

塩田正幸は1973年、埼玉県生まれ。2000年代から多くの作品集を制作。主な作品集に『NPEAKER』(art beat publishers / 2002)、『ANIMAL SPORTS PUZZLE』(BARTS by BEAMS / 2009)などがあり、ほかにも自主制作の出版レーベル・FLASH BOOKSより作品集を発表している。

これまで、写真の枠を越えた視覚的表現に関心を持ち続けてきた塩田は、本タイトル「ハテ/ hate」の意味について「“まだ見ぬ果て”でもあり“はてな(?)”でもある。ローマ字表記の”hate” は英語の”hate”の意味も持ち、内に向かう苛立ちを指している。いわゆる日常(=「ケ」)の中で、過去の経験や反射から離れてゼロから始めることで、まだ見ぬ果てを探しに行く」と語っている。

独特な色調の旋律が写し出された本シリーズは、従来の調性とは異なる現代音楽を連想させるような作品群。日本の音楽シーンに多大な影響を与えた元・ゆらゆら帝国の坂本慎太郎、ECD、 NRQ、ジム・オルークらのジャケット撮影を手がけるなど、数々の同世代アーティストが信頼を寄せる塩田の作品展にぜひ足を運んでみて。

なお、展示作品は月毎に入れ替えられるほか、会期中11月26日(土)にはトークイベントが開催される。

タイトル

「ケの日ヒョウハク3 ーハテ/ hateー」

会期

2016年11月3日(木・祝)~2017年1月28日(土)
*月替わりで展示作品の入れ替えあり

会場

amala

時間

10:00~14:00(土日は13:00~17:00)

休廊日

不定休(営業日時は公式サイトを参照)

URL

http://www.amalaworld.com/?tid=6&mode=f8

Share

Recommend Posts