ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス「Fotografias」展、
写真と立体作品を展示

ペーター・フィッシュリとダヴィッド・ヴァイスの展覧会「Fotografias」が、3月4日(土)より東京・東神田のTARO NASUで開催。

EXHIBITION

04 March 2017

Share

Fotografias

© Peter Fischli David Weiss Fotografias, 2005 Coutesy of Galerie Eva Presenhuber

ペーター・フィッシュリは1952年、スイス生まれ。ダヴィッド・ヴァイスは同じくスイスで1946年に生まれ、2012年に没。2003年のヴェネチア・ビエンナーレで金獅子賞を受賞し、テート・モダン、パリ市立近代美術館、マドリッドのソフィア王妃芸術センターなど世界各国の美術館で展覧会を行い、2016年にはニューヨークのグッゲンハイム美術館で回顧展を開催した。

本展「Fotografias」では、ポストカードサイズの写真に猫や人、機関車や乗り物、自然や宇宙などが写し出されている作品「フォトグラフィア」などの写真作品と立体作品を展示。

既存のイメージや常識を覆す作品を制作してきたフィッシュリとヴァイス。鋭い洞察力で平穏で何気ない日常に満ちている意外性や矛盾に焦点を当てる。

タイトル

「Fotografias」

会期

2017年3月4日(土)~4月1日(土)

会場

TARO NASU(東京都)

時間

10:00~18:00

休廊日

日月曜・祝日

URL

http://www.taronasugallery.com/exh/exh_index.html

Share

Recommend Posts