石野郁和の初写真集『Rowing a Tetrapod』がMACKより発売

2017.10.16 Mon

石野郁和

ロサンゼルスを拠点とする石野郁和の初写真集が、写真集の名門MACKから刊行された。『Rowing a Tetrapod』と題された作品群は、日本に生まれアメリカで暮らす石野の、どちらにも属すことのないアイデンティが写されている。モノクロの写真が収められた176ページもの写真集。そこには、個人的な写真、アメリカのアイコニックなイメージ、奇妙な建築物、ノスタルジックな風景など、セットアップで作られたシーンも含めて、交わることのない風景の断片が丁寧に一冊の写真集へと編まれている。どこか殺伐としながらも、日本とアメリカの間をゆらぐ自身のアイデンティティは、現代の日本社会そのものを反映しているようでもある。精巧に練られたデザインも本書の魅力。ぜひ手に取ってじっくりと眺めてみよう。さまざまな視座でとらえられた新しい風景に出会えるはず。

Rowing a Tetrapod