IMA Pick up & Report

いま目が離せない、気鋭の写真家たちの展覧会が都内各所で開催中。IMA編集部がピックアップ&レポート!

AREA

東京都

© Kenko Kito

© Kenko Kito

PREVIOUS PAGE 1 2 3 4

Vol.4 高崎から発信する新しい現代写真の波

2016年は都内にいくつかのギャラリーの大移動があったが、2017年最初に新しいスペースとして紹介したいのが、群馬県高崎市にオープンしたばかりのギャラリー。1月15日にオープンしたrin art associationでは、現代美術家である鬼頭健吾の個展「cart wheel galaxy」を2フロアで開催中。残りの1フロアでは、滝沢広や片山真理、鈴木のぞみら所属アーティストによるグループ展が開催されている。

同じく高崎のガトーフェスタ ハラダ本社ギャラリーでは、片山真理の個展「19872017」がスタートする。片山は先天性の四肢疾患により9歳の時に両足を切断し、以後義足で生活している。彼女が自分自身をモチーフにしたセルフポートレイトは、いま国内の美術展で多数取り上げられている。今回の展示では、自身の生まれた1987年からいままでに至る歩みを、代表作によってたどる試みとなっている。本ギャラリーは2008年にオープンし、2011年から現代美術を中心に展示を始めてきた。

この2つのスペースはともに、コレクターでもある原田崇史の運営によるもの。新世代コレクターの新しいギャラリーや現代写真をめぐる活動によって、若手写真家の活躍の場は、東京以外の土地にも静かに広がっている。

タイトル

鬼頭健吾「cart wheel galaxy」

会期

2017年1月15日(日)~3月19日(日)

会場

rin art association(群馬県)

時間

11:00~19:00

休廊日

月火曜

URL

http://rinartassociation.com/top

タイトル

片山真理「19872017」

会期

2017年1月21日(土)~2月8日(水)

会場

ガトーフェスタ ハラダ本社ギャラリー(群馬県)

時間

10:00~19:00

休廊日

会期中無休

URL

http://www.gateaufesta-harada.com/event_news/detail/61

© Mari Katayama

© Mari Katayama

PREVIOUS PAGE 1 2 3 4