Talk
Masako Tomiya × Kenji Takazawa

対談 富谷昌子×タカザワケンジ
私たちはどこへ帰るのか?命の連関のその先へ、富谷昌子『帰途』をめぐる対話

Talk Masako Tomiya × Kenji Takazawa

1 2 3 NEXT PAGE

今夏、POSTで開催された写真家・富谷昌子の個展「帰途」。3年前の個展「津軽」の後、家族の変化を知った富谷は、それを機に本作の制作に取り掛かる。「『わたし』とは何か」という問いとともに、約2年の歳月をかけて富谷が追うのは、自分自身や時間の経過、命の繋がりといった誰もが共感しうる普遍的なテーマだ。『津軽』発行以前から富谷を知るタカザワケンジが、丁寧に富谷の言葉を引き出す。

文=タカザワケンジ
写真=twelvebooks

富谷昌子にとって2冊目の写真集となる『帰途』がフランスのChose Commune(ショーズ・コミューン)から発売された。以下に紹介するのは会期中の8月4日(金)の晩にPOSTで開かれたトークイベントの抄録である。私がゲストとして招かれたのは富谷昌子の第一写真集『津軽』(HAKKODA、2014年)に編集として関わり、解説を寄稿したからだと思う。『津軽』は富谷の故郷、津軽とその周辺を10年近くかけて撮影した写真集である。モノクロ、正方形フォーマットの端正な写真はクラシックな風貌をまといながら、誰の心にもある原風景を浮かび上がらせていた。では、2冊目の『帰途』はどのような写真集になったのだろうか。

Talk Masako Tomiya × Kenji Takazawa

タカザワケンジ(以下“タカザワ”):写真集をつくることが決まってから、パリと東京でどんなやりとりがあったんでしょう。

富谷昌子(以下“富谷”):ネットを使って写真のやりとりをしました。たとえば、私が写真を10枚送って、そのうちの8枚を「これがいいんじゃないかな」と選んで返ってくる。「そうきたか」と思って、その次は15枚送る、という感じで写真を往復させました。写真の内容について言葉で説明することは殆どせずに、ひたすら写真を送り合うことを繰り返しました。

タカザワ:写真だけですか。面白いですね。ということは、相手は富谷さんの撮影意図やなぜ選んだかを想像しながら写真を見るわけですね。そして、彼らの価値観で選ぶ。一方、富谷さんもなぜ彼らがこの写真を選んで、こちらは選ばなかったかを考えることになる。写真を挟んでお互いの狙いを想像するわけですね。

富谷:彼らはとてもカンが良く、いつも的確な削り方をしてくれたんです。おかげで私もどんどんシャキッとしてきて、撮る量も絞れてきました。だいたい、意識がぼんやりしているときのほうが撮る枚数は多いんです。彼らと写真をやりとりするようになって、撮る量も減ったし、削られる写真も減っていくといういいペースができてきました。撮影期間は約2年で、その間に15、6回青森に帰って撮りました。

タカザワ:『帰途』はとてもドラマチックな構成になっていると思います。リズムがあって、時間経過が感じられ、クライマックスへ向けて盛り上がっていく。

富谷:だとすればそれは彼らがそう構成してくれたんだと思います。私としてはどう構成されてもいいように、最初に送る写真を選んでいたので。ただ、単調な構成はこの作品に合わないなという話しは最初の頃にしていましたね。それは表紙にも現れていて、よくある写真集にはならないだろうという認識は共通していましたし、まえがきが真ん中に入ったり工夫してあるのもそうです。彼らなりに写真の内容を咀嚼したうえで、自分たちのやり方で新しいものをやろうとしてくれたと思います。

帰途

1 2 3 NEXT PAGE