Interview
Yoshitomo Nara

奈良美智インタヴュー
すべてをつなぐまなざしに宿るもの

AREA

東京都

奈良美智

1 2 3 NEXT PAGE

今年9月末に開催された「Daikanyama Photo Fair」で開催された奈良美智の個展「Will the Circle Be Unbroken」では、約20年の歳月の間に撮られた写真群が発表された。“自分に関係するすべての事象は、助け合うように繋がっている。”という自身の言葉が証明するように、それらの写真は撮影された時間や場所はさまざまであるにもかかわらず、つながりを持ち、すべてのものを平等にとらえるまなざしが浮き上がってくる。写真を通して、そのまなざしの根底にあるものについて、深く想いを聞いた。

インタヴュー=高橋しげみ(キュレーター)
構成=IMA
写真=高橋マナミ

―何でもないような事柄や風景をとらえるこれらの写真は、奈良作品の重要な要素であると感じました。ツイッターで、美術予備校講師のときに写真を学生の課題にしていたって書いていましたが、どんなことをやっていたのでしょうか。

98年頃、一時帰国のときに2週間くらい行ったゼミで、みんなに「写ルンです」で色をテーマに撮ってもらって、プリントされたものを並べて、何枚かの写真を配置してパネルを作って、離れて見てみるというもの。近づいて撮りたいものを撮るより、離れたときにそれがひとつの色面に見えることを教えたくて。写真を写真として見るのではなく、ひとつの色面にして絵として見る。そういうゼミだったと思う。

―そういう色を中心とした考え方は、奈良さんご自身の写真にも通ずるものがあるような気がします。『エスクァイア』別冊で2002年に初めて写真を発表したときは、それまで作品制作とは別の意識の中で撮ってきた写真を発表することに対して抵抗感とかありませんでしたか?

それはなくて、あのときのタイトルが「days…」で、発表していないけど日々いつも撮っていた写真をまとめたので、自分としてはドローイングを見せる感覚だった。絵画作品じゃなくて、ドローイングやアイデアスケッチのような、自分の感性の記録を見せる感じだったから、全然躊躇しなかった。

展示風景

展示風景

―奈良さんがタブロー制作のときに準備段階としての下書きを描かないことと、写真を熱心に撮ることは関連しているのでしょうか?

僕もちょうど昨日の夜同じことを考えていて、すごく似ているなと思った。ドローイングは意識しないで直ぐに線を引いてしまう。写真も同じで、構図とかは考えないんだよね。あとで見て、いいのもあるし悪いのもある。ドローイングと似ていて、それ自体が自分にとっては感性を鍛える行為。そのおかげで本番に挑むことができる。

―だから初期から継続して日々写真を撮っていたのかなと思います。撮りためた写真を見返すことが、絵の下書き替わりになっていたということでしょうか?

間接的にはかなり助けられているよね。写真を撮ってなかったら、ドローイングに表れるものも違っていたと思う。ファインダーを覗いたときに、何かを発見するスイッチが直ぐに入るように鍛えていたと思う。絵やドローイングを描くときもシャッターチャンスに似たチャンスがあって、そのときに手を動かさないと描けない線がある。初心者はびびって描けなかったり、上級者でも考えすぎて何も線を引けなかったり。すっと入ってきたときにキャッチしなくてはいけなくて、写真を撮ることでその訓練をしている気もする。

―今回の写真集『Will the Circle Be Unbroken』では、20年近く前から現在までの写真が収録されています。当時はフィルムで撮っていたと思いますが、昔の写真を見て、いま改めて発見することもありますか?

フィルムで撮っていたときはハス(斜め)から撮っているのが多くて、デジタルになってからは正面からきちっと撮るものが多いなって。それに気づいて、脳内でピクセルの四角を感じているかなぁと。デジタルカメラを使い始めたのは日本に帰ってきてからで、2003年以降だと思います。

―私は特にサハリンのシリーズに魅かれます。

サハリンは根底でいろんな想いがつながっている気がします。自分のおじいさんのこともあるし、思い入れが強い写真が多い。比べると台湾はすごく客観的に見ようとしている。

―サハリンの製紙工場跡地の牛の写真を、奈良さんと石川直樹さんが二人とも写していますよね。石川さんの写真は牛から少し引いて構図として整っているのに対して、奈良さんの写真は牛がこちらへ向かってくるような動きをとらえているのが印象的でした。ほとんど同じ瞬間にシャッターを切っているのに全然違いますね。

石川くんはほとんど三脚立てて撮るのに対して、自分は子どものように瞬発力で撮っているからかなぁ。撮るのも早いんだよね。でも焦って撮っているから、ピントはバックにしかあってないこともあるんだよね(笑)。

1 2 3 NEXT PAGE