Interview
Yasumasa Morimura

森村泰昌展「『私』の創世記」インタヴュー「セルフポートレイトのその前」

Interview Yasumasa Morimura

1 2 3 NEXT PAGE

今春、大阪の国立国際美術館で開かれた個展「自画像の美術史」も好評だった森村泰昌。現在、恵比寿のNADiff A/P/A/R/Tで「『私』の創世記」と題した個展を開いている。恵比寿のギャラリーMEM(2・3F)と同じビルにある地下1FのNADiff Galleryでは、彼が現在知られるような、さまざまな人物に「なりきる」手法で制作する前に作られたスティルライフの写真や映像などの初期作品が並ぶ。1Fのブックショップでは「創世記文庫」と題して森村が「昔読んで、また読み返したい本」が集められている。アーティスト、森村泰昌の原点をたどりながら、いまこうして過去を振り返ろうとした意図を聞いた。

青野尚子=インタヴュー・文
新津保建秀=写真(ポートレイト)

―展覧会には70年代から90年代までの作品が並んでいます。この時期を回顧したいというような思いがあったのでしょうか?

森村:現在のセルフポートレイトを核とした作品以前に作っていたもの、つまり私の原点といいうる作品群に次のステップに至る秘密があるのではないか、それらを一度しっかりと見つめ直すことが大事では、という考えからこの個展をすることになりました。また、国立国際美術館での個展も含めて「セルフポートレイト」の作家としてのイメージが固定されないようにしたいという思いもありました。これまであまり見せてこなかった作品もあわせて展示することで、一人の人間の多様な側面を見ていただきたいと考えたのです。

 

Interview Yasumasa Morimura

―2・3FのMEMには80年代のモノクロ写真による作品が並んでいます。近年の色鮮やかな作品を見慣れた目には、モノクロームの作品は新鮮に映りますね。

森村:私もいまではコンピュータを使っていますが、当時はアナログのフィルムを自分でプリントしていました。暗室ではネガキャリアの縁を削ってプリントの周囲にぼやけたような影をつけるといった操作もしていましたね。いいプリンターの方と出会ってからはその方にプリントをお願いしています。当時はライティングをせず、自然光で撮っていたので、シャドウ部が潰れてしまったり、白いところが飛んでしまったりもしていたので、「影のところを潰さずにニュアンスを出してください」「白く飛んでいるところの質感を出してください」といったオーダーをしていました。いま展示しているのは2003年にそのプリンターの方にプリントしてもらったもので、以前よりずっとクオリティの高い作品になっていると確信しています。

1 2 3 NEXT PAGE

Recommend Posts