Europe Photo Festival Report

いまアート写真は屋外フェスで見るのがトレンド!?この秋の欧州フォトフェスティバルをIMA編集部がレポート!

Share

Unseen Photo Festival

Unseen Photo Festival。雑誌『FOAM』のTALENTに選ばれた写真家たちの作品は、屋外展示に。一番手前の作品は横田大輔。

この数年、アート写真がぐんと身近になっている。世界中の美術館で写真展が増えているし、写真集の刊行も活発。アートフェアも各都市で盛んに繰り広げられてはいるが、大衆に浸透しはじめている何よりの理由が、アート写真のフェスティバルが急増していることだろう。

写真祭といえば、これまでは1969年にスタートしたアルルの国際写真フェスティバル、31年目を迎えるイエールの写真フェスティバルといったフランス勢の老舗が主流だったが、2010年代に突入した頃から、写真祭の世界地図に変動が起き始めた。


1. Unseen Photo Festival

アムステルダムで2012年にスタートしたアートフェアのUnseenも、そのひとつ。大御所の写真作品が集うパリフォトと対極をなすように、写真雑誌『Foam』と連動し、エッジーかつ旬の若手アーティストを紹介し、まだ手垢のついていない才能や表現に出会える場として活況を呈してきた。中でも、『Foam』の若手に与える賞TALENTに選ばれた作家たちによる屋外展示は、毎年注目の的。

そのUnseenはすっかり知名度も上がり、成熟期に入った感があるが、5年目を迎える今年からはこれまで開催してきた3日間の写真フェアに加えて、前週から2週間続く写真フェスティバルが追加され、街を取り込んでの大きなイベントに拡大。フェスティバルとなった今年は、『IMA』でもパナソニック/LUMIXの特別協賛による、日本人若手写真家6人の展覧会「LUMIX MEETS / Beyond 2020 by Japanese Photographers #4」を開催し、好評を得た。

ユニークなのは、フェスティバルの開催エリアが年ごとに街を転々と移動していくというコンセプトだ。アートフェア、ブックフェア、屋外展示とフェスの街ぐるみでの複合形。今後の発展の仕方が楽しみだ。

5年目となるアートフェア「Unseen」の会場。今年は、天気の不安定なアムステルダムにしては天候に恵まれた。

カタール在住の写真家ユニットChristto & Andrewによる屋外プールの展示。

日本からもKana KawanishiとG/P Galleryが参加。

「Beyond 2020」展にはたくさんのオーディエンスが来場。初めて若手日本人作家たちの作品には反響も大きかった。

ブックマーケットには連日たくさんのお客さんが来場。熱気にあふれていた。

『IMA』は雑誌のプレゼンテーションとして、メディアブースにも参加。


 

 

2. Breda Photo

Breda Photo

公共施設とアパートに囲まれた広場には大きな写真のインスタレーションを。工事現場の足場を利用し、1枚から2、3、4枚と図形を組み合わせるようにして展示する。

欧州フォトフェスティバルレポート第2弾は、オランダの Breda Photo。

アムステルダムから電車で1時間少しの小都市ブレダで「Preda Photo」が開催された。日本では名前も聞いたことのない地方の街で繰り広げられる写真フェスティバルの特徴は、屋外展示が多いこと。今年は「YOU」というテーマを掲げ、美術館や公共のスペース、公園や川などを使って、25の展示と43のイベントが7週にわたって開催された。オランダのお国柄かUnseenに負けず劣らず、これからという若手が中心の意欲的なセレクションが特徴だ。IMA gallery所属の石橋英之も参加作家として招待された。

屋外展示の多くはごく普通の住宅地や空き地などで、小さな街をのんびりと散歩をしながら1日で歩き回れるほどよいサイズの写真祭だ。都市で見る写真とはまた違った見方が楽しめる。

川の中での展示は、水面に映り込む面白さが生まれる。「自然と写真、街と写真の調和を楽しんでほしい」というのは、主催者の弁。

公共施設とアパートに囲まれた広場での展示。

今年度の展覧会テーマは「YOU」。

公園や遊歩道を利用した展示では、散策するのが楽しい。知らない間にずいぶん遠くまで歩いてしまう。

コンセプチュアルな作品とドキュメンタリー系の作品がバランスよく混在するセレクション。

モンゴルのパオを利用し、外側のキャンバス地に写真をプリントしたユニークな展示も。


 

 

3. Images Vevey

Images Vevey

レマン湖の周辺は、半周ぐるっと複数のアーティストの作品が点々と配置されている一大展示スポット。湖畔を散歩しながら、ゆったりと作品鑑賞する人たちの姿が。

欧州フォトフェスティバルレポート第3弾は、ジュネーブから電車で1時間、スイスの西部にあるVeveyのフォトフェスティバル「Images Vevey」。2年に一度のビエンナーレ形式の写真フェスティバルだが、これが知られざる名フェスなのだ。

駅に到着するなり構内で写真作品が出迎えてくれる。人口2万人弱、レマン湖沿いのリゾート地で、さして大きな街ではないのだが、街全体がフェスティバル一色。なんと75もの展示が街中に点在していて、犬も歩けば展示に当たる状態。美術館という美術館、教会、アカデミーはもちろん、ギャラリーやカフェ、デパートや蚤の市まで巻き込んで、写真を展示している。

とりわけ目立つのが屋外展示だ。湖畔の道沿いや街中の通りに立つ広告のビルボードや立て看板はもちろん、建物の外壁を利用した巨大写真の展示は圧巻。普段見知っている作品も、サイズが異なるだけで印象が大きく変わる。

いわゆるプリント作品の額装展示を超えた、大掛かりなインスタレーションも上手に取り入れ、その展示のユニークさと多様さに、写真というメディアの可能性を実感する。

展示手法だけでなく、作家のクオリティも文句なし。ピエール・エ・ジルにマーティン・パー、クリスティーナ・デ・ミデル、クリスチャン・パターソンと、大御所からいま旬の作家までがずらりと並ぶ。それでいて、ごく普通の観光客も写真ファンも地元のお年寄りから子供たちまでが、自然に展示を楽しんでいるのが印象的。次回、2年後の開催が楽しみだ。

ヴヴェイ駅に降り立ったら、ホールでいきなり写真群がお出迎え。もうすでにフェスティバルは始まっている。

のどかな住宅街に円形のインスタレーション。外輪と中輪の写真が呼応しているのがポイント。

ピエール・エ・ジルの屋外展示。特に特徴のない街だけれど、こうして街に写真が入り込むだけで特別な時間が流れ出す。

教会には映像のインスタレーションが。暗闇の中で、写真が音も立てずに刻々と動いていく。空間との組み合わせの妙。

『IMA』でも何度か紹介したクリスティーナ・デ・ミデルの作品は、マシンが写り込んでいるせいか地元の子供たちに大人気。特に小学生男子があれやこれや感想を述べて大騒ぎ。

湖畔だけでなく、湖の中にも展示するのがヴヴェイ流。

布にプリントして、木から吊るすという展示のアイデアも。風に揺られてそよそよとイメージがはためくのが面白い。

地元の5つ星ホテルの中では、アレック・ソスの展示も。ホテルの吹き抜けと一室のベッドやテーブル壁などを使って、作品を展示。東京への旅をテーマにした一連の写真がホテルという空間にマッチ。

本物の雑貨屋さんかと見まごうインスタレーションは、クリスチャン・パターソンのコミッションワーク。廃屋にたくさんの商品と写真が並んで、壮観。

観光地に並ぶ双眼鏡を模した展示。レンズの中を覗くと、中に写真作品が見える仕掛け。おじいさんから子供までが楽しみながら参加。

マット・リップスの展示は、街の中心で開催中の蚤の市とのコラボレーション。オブジェを並べて撮影した作品が、たくさんの骨董やガラクタと一緒に並んで、実にユニーク。

通りに並んだコスプレセルフポートレートの写真作品。既存のビルボードや広告塔などをうまく利用した展示が街の至るところに点在している。


コアなコレクターに向けたアートフェアより、誰もが楽しめる開かれた写真フェスティバル。それも主要都市ではない地方での開催が人気を博しているのは、時代の要請だろうか。ギャラリーや美術館でツンとすました展示は苦手な人も、かならず楽しめるのがよいところ。ぜひ出掛けてみてほしい。

【各フェスティバル公式サイト】
Unseen Photo Festival(オランダ・アムステルダム)
Breda Photo(オランダ・ブレダ)
Images Vevey(スイス・ヴヴェイ)