「北アルプス国際芸術祭2017」
新津保建秀ほか国内外36組のアーティストが出展

「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」が、6月4日(日)より長野県大町市内で開催。

01 June 2017

Share

北アルプス国際芸術祭2017

長野県大町市で初開催される「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」は、総合ディレクターに北川フラムを迎え、土地固有の生活文化を表現する「食」と、地域の魅力を再発見する「アート」の力によって、北アルプス山麓の地域資源を世界に発信することを目指している。

芸術祭のテーマは「水、木、土、空」。新津保建秀+池上高志、フェリーチェ・ヴァリーニ、ニコライ・ポリスキーほか36組の国内外のアーティストが、南北の植物が混生し、日本列島を縦に貫く特徴ある地形、歴史に向き合い、鮮烈で爽やかなアート作品を展開する。

タイトル

「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」

日程

2017年6月4日(日)~7月30日(日)

会場

長野県大町市内

パスポート

【一般前売】2,000円(当日2,500円)【高校生前売】1,000円(当日1,500円)【小中学生前売】300円(当日500円)*前売券は6月3日(土)まで販売

URL

http://shinano-omachi.jp/

Share