「川島小鳥展 境界線で遊ぶ」、15年間の活動をたどる

「川島小鳥展 境界線で遊ぶ」が、1月21日(土)より福井・金津創作の森 アートコア ミュージアムー1で開催。

27 December 2016

Share

写真集『ファーストアルバム』より

写真集『ファーストアルバム』より © Kotori Kawashima

川島小鳥は1980年生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣に師事。2010年、写真集『未来ちゃん』で第42回講談社出版文化賞写真賞を受賞し、2015年には写真集『明星』で第40回(2014年)木村伊兵衛写真賞を受賞。2016年12月、最新作『ファーストアルバム』を刊行した。

本展では、写真集『未来ちゃん』『明星』『おやすみ神たち』などデビュー作から最新作『ファーストアルバム』まで、15年間にわたる川島の活動をこれまでにない規模で紹介。

また、会期初日1月21日(土)には、写真集『未来ちゃん』を装幀したデザイナーであり、本展のアートディレクションを手がけた祖父江慎と川島とのオープニングトークが行われる。

タイトル

「川島小鳥展 境界線で遊ぶ」

会期

2017年1月21日(土)~3月5日(日)

会場

金津創作の森 アートコア ミュージアムー1(福井県)

時間

10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)

休館日

月曜

観覧料

【一般】800円(600円)【障がい者および65歳以上】400円【高校生以下】無料*( )内は20名以上の団体料金

URL

http://sosaku.jp/event/

Share