山内聡美「Post Palmtree」展、テーマは“南国幻想”

山内聡美「Post Palmtree」展が、4月9日(日)まで東京・東麻布のCale / Field Sewing Tokyoで開催中。

29 March 2017

Share

Post Palmtree

山内聡美は神奈川県生まれの写真家。2006年より都内のスタジオに勤務し、フォトグラファーアシスタントを経て2009年よりフリーランスフォトグラファーとして活動を開始。精力的に作品を発表するかたわらカルチャー、音楽、ファッション雑誌などで活躍している。

山内が幼少期を過ごしたアメリカ南部フロリダで撮影した「this must be the place」「celebration」、静岡県伊東とフロリダを行き来していた幼少期の体験をコンセプトとした「two locals and the palm trees」、これらの続編ともいえる本作は、関東で撮り下ろした“南国幻想”をテーマにした作品。パームツリーが持つ独特な存在感を淡々と写実的にとらえながらも、そこにはアンリアルに感じるイメージが表現されている。

タイトル

「Post Palmtree」

会期

2017年3月25日(土)~4月9日(日)

会場

Cale / Field Sewing Tokyo(東京都)

時間

11:00~20:00

休館日

月曜

URL

http://blog.cale.jp/

Share