濱田祐史「Broken Chord」展、“現実の中に潜む見えない存在”を表現

濱田祐史「Broken Chord」展が、5月10日(水)より東京・東麻布のPGIで開催。

02 May 2017

Share

Broken Chord

© Yuji Hamada/ Courtesy of PGI

濱田祐史は1979年、大阪府生まれ。2003年、日本大学芸術学部写真学科卒業後、出版社に勤務。2006年よりフリーランスフォトグラファーとして活動。2014年に初の写真集『photograph』がParis Photo/ApertureのFirst Photobook Award 2014にノミネートされるなど、東京を拠点に活動し国内外で作品発表をしている。

ポーランドのヴロツワフでの体験をもとに制作された本作「Broken Chord」。濱田は、日本では経験することのできない他文化との地続きの感覚や、人々の習慣、考え方の中にしばしば垣間見える歴史の痕跡に触れる体験をし、その土地の持つ時間や記憶の蓄積を拾い集め、帰国後に自身の記憶の蓄積をミックスさせてイメージを焼き付けていった。モノクロームでの作品発表は初めてとなる濱田は、ストレートなプリントのほかに2台の引伸機を使った多重露光の作品も制作。カラーではなくモノクロームを使用すること、多重露光とストレートなプリントをミックスして見せることで、現実の中に潜む見えない存在(その土地の時間や記憶の蓄積)を印画紙の上に見事に表現する。

なお、会期中の6月17日(土)にはトークショーを開催。金沢美術工芸大学美術科芸術学専攻講師・星野太(美学/表象文化論)を招き、“exposure”というキーワードをもとに本作を紐解いていくとともに、過去の作品や東欧に滞在した体験にも触れていく。

タイトル

「Broken Chord」

会期

2017年5月10日(水)~7月8日(土)

会場

PGI(東京都)

時間

11:00~19:00(土曜は18:00まで)

休館日

日曜・祝日

URL

http://www.pgi.ac/exhibitions/3372/

Share