ロサンゼルスのスラムをとらえた
アンソニー・ヘルナンデス『FOREVER』

70年代に注目を浴びたアメリカ人フォトグラファーの作品集がMACKから刊行。

03 August 2017

Share

FOREVER

1970年代、ルイス・ボルツなどと並んでアメリカの新世代フォトグラファーとして注目を浴びたアメリカ人フォトグラファー、アンソニー・ヘルナンデスの作品集がMACKから刊行された。

本作は、ロサンゼルスのダウンタウンや、貧困地区であるコンプトン、ワッツ、サウス・セントラルで2007年から2012年の間に撮影された写真を収録。ホームレスの視点から見たイメージを通じ、移動を続けるホームレスの足跡を追いかけている。ヘルナンデスがとらえたのは、一脚の椅子やベッドといったモノの痕跡ではなく、ストリートそのものが目撃していたかもしれない風景である。

タイトル

『FOREVER』

出版社

MACK

価格

6,000円+tax

発行年

2017年

仕様

ハードカバー/245mm×245 mm/108ページ

URL

https://twelve-books.com/products/forever-by-anthony-hernandez

Share