「四谷シモン+細江英公、沢渡朔、加納典明」展、
3人の写真家がとらえた四谷の40年

「四谷シモン+細江英公、沢渡朔、加納典明」展が、10月14日(金)より銀座・AKIO NAGASAWA Galleryで開催。

EXHIBITION

11 October 2016

Share

細江英公

細江英公

「四谷シモン+細江英公、沢渡朔、加納典明」展は、1972年に紀伊国屋画廊で開催された「十人の写真家による被写体四谷シモン」展に着想を得て企画された写真展。本展では、人形作家・四谷シモンの人形作品を中心に据え、1972年の展覧会に参加した3人の写真家・細江英公、沢渡朔、加納典明が四谷を被写体に撮影した作品を展示する。

また本展に合わせ、沢渡と加納はそれぞれ新刊を刊行。沢渡朔写真集『Simon, The Actor』、加納典明写真集『SIMON, 1972』ともに「10人の写真家による被写体四谷シモン」展で発表されたシリーズから、ほぼ未発表作品で構成されている。なお、AKIO NAGASAWA Pulishingでは、10月13日(木)まで本書を特別価格で発売。詳しくは公式サイトをチェックしよう。

タイトル

「四谷シモン+細江英公、沢渡朔、加納典明」

会期

2016年10月14日(金)~12月25日(日) 

会場

AKIO NAGASAWA Gallery

時間

11:00~19:00

休廊日

月・火曜

URL

http://www.akionagasawa.com/jp/exhibition/simon-yotsuya-eikoh-hosoe-hajime-sawatari-tenmei-kanoh/

Share

Recommend Posts