Independent Art Book Fair

ニューヨーク・ブルックリンにて
カウンターとして誕生したアートブックフェアが熱い!

AREA

アメリカ

フェアの会場は巨大なウェアハウス

フェアの会場は巨大なウェアハウス。© Karen Schaupeter

今年で12年目を迎えるアートブックフェア、New York Art Book Fair(NYABF)には、MoMA P.S.1の全館を埋めつくすほどの出版社、ギャラリー、アーティストが世界中から集結する。世界最大規模を誇るフェアはもちろん見逃せないが、あまりの人気から新たなブックメイカーの参入が難しく、出展者が固定化していると指摘されるようになって久しい。そんな状況を打破すべく、昨年からNYABFと同時期に開かれているのがIndependent Art Book Fairである。ブルックリンのウォーターフロントに位置する倉庫を会場とし、若手や外国人も参加しやすいように出展料はリーズナブルに抑えられ、勢いのある新鮮な顔ぶれが並ぶのも魅力だ。小規模な出版社やアーティストがつくるフレッシュなアートブックや写真集を探しにぜひ足を運んでみてほしい。

タイトル

「Independent Art Book Fair」

会期

2017年9月11日(月)~9月24日(日)

場所

Greenpoint Terminal Warehouse(アメリカ)

URL

http://independentartbookfair.com/

ニューオリンズのインディペンデント出版社、Bad Books LTDのブース。© Karen Schaupeter

ブルックリンに位置するアーティストが運営するギャラリー、Black Ball Projectsのインスタレーション。© Karen Schaupeter