LUMIX MEETS BEYOND 2020
BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5 TOKYO

過去最高の来場者数となった東京展レポート

AREA

東京

IMA gallery

1 2 3 NEXT PAGE

アムステルダムでも注目を集めた「LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5」展が、次なる巡回先である東京でも開催された。TOKYO ART BOOK FAIRとの連携もあり、天王洲アイルに移転オープンしたIMA galleryの新しい船出にふさわしい盛況な皮切りとなった。オープニングレセプションや作家とアジアの写真関係者との交流会、また展覧会の見所などをピックアップしてレポートする。

文=IMA
写真=浜田啓子

10月6日(金)〜15日(日)に、「LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #5」(以下、「BEYOND 2020」)の東京展がIMA galleryで開かれた。このプロジェクトはパナソニック株式会社 / LUMIX特別協賛のもと、日本人アーティストを国内外へと発信していくというコンセプトで、IMAメディアプロジェクトが毎年開催しているグループ展となる。5回目の今年は、平澤賢治、菅野恒平、白井晴幸、上田順平、矢島陽介、山谷佑介の6名が参加。さらに今年から、過去の実績や、これからの継続性、芸術文化に寄与することなどを評価されて文化庁の後援を得ることとなった。

BEYOND 2020

東京展会場のIMA galleryは、六本木から天王洲アイルに居を移すこととなり、「BEYOND 2020」が移転後初めての展覧会となった。新しいギャラリーは、川沿いのウッドデッキに窓が設けられ、天井が高く開放感あふれる展示スペースとなっている。「BEYOND 2020」では、隣接するように作られた新しいイベントスペース「アマナスクエア」も併せて展示空間に用いることで、空間の広さを活かした大きな作品たちが存在感を放っていた。ギャラリースペースの横には、厳選した豆を使用した香り高いコーヒーをテイクアウトできるIMA Cafeもオープンした。

BEYOND 2020

会場である天王洲アイルは、寺田倉庫が主体となって多様な事業を手がけていることで、アートの街としてのポテンシャルが高まっており、いま東京で注目が集まるエリアだ。会期中には同じくアジア最大級のアートブックフェアであるTOKYO ART BOOK FAIR(以下、TABF)が開催された。TABFの会期中は、「BEYOND 2020」を含めた連携イベントの会場間を人が絶えず往来しており、街全体がアート好きでにぎわうこととなった。

1 2 3 NEXT PAGE