Talk
Takashi Homma × Noguchi Rika

対談 ホンマタカシ×野口里佳
時代に逆行し普遍性を生む削ぎ落としの美学

AREA

東京都

対談 ホンマタカシ×野口里佳

1 2 3 NEXT PAGE

現在タカイシイ・ギャラリーで新作「海底」の展示を行い、最初期の作品を写真集『創造の記録』として出版した野口里佳。長年住んだベルリンを離れ、2016年に沖縄へと移住した彼女はいま何を考えているのか?新作の展示と写真集の出版を記念し、デビュー当時から野口を見続けてきたホンマタカシとの対談を敢行。ホンマだからこそ指摘できる、野口の「効率のよさ」とは?テーマや被写体を変えながらも作品から漂ってくる野口里佳らしさの秘密が、二人の対話からは見えてきた。

石神俊大=文
高橋マナミ=写真

自分の作品に意識的であること

ホンマタカシ(以下、ホンマ):デビュー作品の「潜る人」が水の中だったけど、また水の中に戻ったんだね(笑)。

野口里佳(以下、野口):今回は「到着」という感じです。22年かかって、ようやく着地しました。

「潜る人」(1996年)

「潜る人」(1996年)© Noguchi Rika

ホンマ:「潜る人」はモノクロで今回はカラーだけど、その間にも水中で撮影をしていたっけ?

野口:はい、潜っています。2004年に展覧会を行った「星の色」は与那国島で潜って撮影した作品です。そのあとはしばらく潜っていなかったんですけど。

「星の色 #1」 2004年

「星の色 #1」 2004年 Cプリント 100 x 150 cm © Noguchi Rika

ホンマ:定期的に潜るんだね。調査みたいだ。

野口: 2016年にベルリンから沖縄に移住したことも関係してます。海が近くにあるので。

ホンマ:たしかに、沖縄はたくさん写真の「ネタ」がありそうだよね。

野口:そうですね。やるべき仕事はいっぱいあるんだろうな、と。同時に難しい場所でもあると思うので、私は私にしかできない仕事をきちんとやりたいなと思っています。

ホンマ:沖縄は被写体の宝庫で、いろいろな写真家がいろいろな写真をすでに撮っている。しかも沖縄の人の中には、「沖縄の人にしか沖縄は撮れない」っていう人もいますよね?「私にしかできない仕事」って、どういうものなのかな? 

野口:そういう意見もよくわかるんですが、写真ができることはそれだけでもないはずだと思っています。だから新しい提案はしていきたいですよね。やっぱり誰も見たことのない沖縄の写真を撮りたいです。自分にとって新しい扉を開けているなと思えることが、自分にしかできないことでしょうか。

対談 ホンマタカシ×野口里佳

ホンマ:「野口さんにとって光は重要なテーマですよね」とかいえるのかもしれないけど、ほかの写真家にとっても光は重要なテーマでもある。でも今回の「海底」もやっぱり光は象徴的だよね。

野口:そうですね。もともとは水の中を進んでいく光をとらえてみようと思って始めました。入り口は光なんですが「潜る人」と合体したようなところもあって、思いがけず到着したような気分です。

ホンマ:水中写真って見慣れているけど、これは「ああ、野口里佳だな」と思える写真だもんね。

野口:そう、水中写真はもっといろいろできるはずだと思っていて、まだ開けていない扉がたくさんあると感じているところですね。

1 2 3 NEXT PAGE