「篠山紀信写真展 KISHIN meets ART」、
“アート”をテーマに野外彫刻や美術家を撮影

「篠山紀信写真展 KISHIN meets ART」が、9月17日(土)より彫刻の森美術館で開催中。

EXHIBITION

26 September 2016

Share

弓を引くヘラクレス

エミール=アントワーヌ・ブールデル《弓を引くヘラクレス》 2015年

1950年代後半からヌードや都市風景、スターたちのポートレイトなどを撮り続け、第一線を走り続けている篠山紀信。驚異的なスピードとエネルギーで、テーマやジャンルだけでなく手法をも多彩に変化させながら、鋭い嗅覚で“いま”を撮り続けている。

「アート」をテーマにした本展「篠山紀信写真展 KISHIN meets ART」では、篠山が新たに撮り下ろした本館コレクションのヘンリー・ムーアやカール・ミレス、ジュリアーノ・ヴァンジなどの野外彫刻を撮影した作品を紹介。また、複数台のカメラを結合して撮影する篠山独特の手法「シノラマ」で撮影された写真を中心に、バルテュスや岡本太郎、草間彌生、森村泰昌など、これまで交流を重ねたアーティストやその仕事場の写真をダイナミックなスケールで展示する。

タイトル

「篠山紀信写真展 KISHIN meets ART」

会期

2016年9月17日(土)~2017年6月25日(日)

会場

彫刻の森美術館

時間

9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

なし(年中無休)

観覧料

【大人】1,600円【大・高校生】1,200円【中・小学生】800円

URL

http://www.hakone-oam.or.jp/specials/2016/kishinmeetsart/

関連記事

  • Kishin Shinoyama

    Kishin Shinoyama

    篠山紀信展「快楽の館」インタヴュー

Share

Recommend Posts