川内倫子「The rain of blessing」展、
過去作品から最新作まで4シリーズで構成

川内倫子「The rain of blessing」展が、竹芝・Gallery916で開催。

EXHIBITION

16 May 2016

Share

「Untitled, from the series of

「Untitled, from the series of "Search for the sun", 2015」
© Rinko Kawauchi

2015年、川内倫子はオーストリアの美術館、クンスト・ハウス・ウィーンで「Rinko Kawauchi – Illuminance」展を開催。WEBサイトの展覧会情報ページには川内について「現代写真におけるもっとも革新的な作家の一人」と紹介されている。

川内のキャリアを振り返れば、この説明が大げさなものでないことがわかる。2001年に3冊の写真集『うたたね』『花火』『花子』を同時に発表して以来、国内外のギャラリー、美術館で作品を発表。作品集20冊を刊行している。世界的に見ても影響力の強い写真家の一人だ。では、彼女の作品の「革新」性とは一体どんなものなのだろうか。

本展は、東京で開かれる規模の大きな展覧会としては2012年「照度 あめつち 影を見る」(東京都写真美術館)に次ぐものであり、過去の作品から最新作まで4つのシリーズで構成される。(―WEBサイトより一部抜粋)

会期

2016年5月20日(金)〜9月25日(日)

会場

Gallery916

時間

11:00~20:00(土日・祝日:11:00~18:30)

休廊日

月曜(祝日除く)

観覧料

【一般】800円【大学生・シニア(60歳以上)】500円【高校生】300円【中学生以下】無料 

URL

http://gallery916.com/exhibition/therainofblessing/

関連書籍

  • IMA MAGAZINE Vol.2

    IMA MAGAZINE Vol.2

    川内倫子 掲載

  • IMA MAGAZINE Vol.3

    IMA MAGAZINE Vol.3

    川内倫子 掲載

  • IMA MAGAZINE Vol.4

    IMA MAGAZINE Vol.4

    川内倫子 掲載

  • Gift

    Gift

    川内倫子、テリ・ワイフェンバック

Share

Recommend Posts