Fotografia Europea

ルイジ・ギッリの故郷レッジョ・エミリアで、ジョエル・マイヤーウィッツなどが参加する国際写真フェスティバル「Fotografia Europea」が今年も開催!

AREA

イタリア

Share

Fotografia Europea

イタリアを代表する写真家、ルイジ・ギッリの故郷レッジョ・エミリアで今年も国際写真フェスティバル「Fotografia Europea」が開催される。4月20日から6月17日まで、約二カ月におよぶこのフェスティバルでは、展覧会、上映会、ワークショップ、ポートフォリオレビューなど、さまざまなイベントが楽しめる。第13回目を迎える今回は「REVOLUTIONS- Upheavals, Changes, Utopias」をテーマに、現代社会における「革命」の意味を探る試みだ。


33-Paris, France, 1967  Joel Meyerowitz courtesy Polka Galerie

33-Paris, France, 1967 Joel Meyerowitz courtesy Polka Galerie

参加する120名の写真家の中には、戦後のアメリカにおいて最も重要な写真家の一人であるジョエル・マイヤーウィッツも含まれており、彼の初期のストリートスナップをはじめ、大判カメラで大西洋岸を撮影した70年代後半のシリーズなど、さまざまな時代の作品が展示される。


昨年のサン・ピエトロ大聖堂での展示の様子。

昨年のサン・ピエトロ大聖堂での展示の様子。

また、Fotografia Europeaではローマ国立近代美術館のコレクションから厳選された1930年代の雑誌、イランやアフリカのグラフィックデザインやイメージなど101冊のフォトブックが展示される。


ポートフォリオレビューは毎年現地の図書館で行われている。

昨年の展示の様子。

イベント内容も豊富だが、このフェスティバルのもうひとつの醍醐味は、その華やかな会場だろう。地元の歴史ある教会、美術館、博物館、図書館、映画館、そして個人邸宅を大胆に活用した空間では、ホワイト・キューブでの展示とはまた違う特別な体験ができるはずだ。

タイトル

「Fotografia Europea」

会期

2018年4月20日(金)〜6月17日(日)

会場

レッジョ・エミリア市内(イタリア)

URL

https://www.fotografiaeuropea.it/