イギリスの老舗アートギャラリー「LISSON GALLERY」フェア、都内2カ所で開催

「LISSON GALLERY 50th ANNIVERSARY『ARTIST | WORK | LISSON』刊行記念フェア」が、代官山 蔦屋書店とPOSTで開催。

09 May 2018

AREA

東京都

Share

LISSON

1967年の設立以来、世界的なアーティストとともに現代アートシーンに大きなインパクトを与え続けているイギリスを代表する老舗アートギャラリー「LISSON GALLERY」。2017年に創立50周年を迎えた同ギャラリーが、これまでのアーティストたちとの歩みやギャラリーの歴史を貴重な資料をもとに制作したアーカイブブック『ARTIST|WORK|LISSON』の刊行記念として、代官山 蔦屋書店と恵比寿・POSTでフェアを開催。

本書は、マリーナ・アブラモヴィッチに始まり、アイ・ウェイウェイ、ローレンス・ウィナーまで、同ギャラリーに所属してきたアーティストたちをアルファベット順に掲載。1000ページを超えるボリュームとなる同書には、同ギャラリーで行われてきた150名以上のアーティストたちによる500以上にもおよぶ展覧会記録とともに、この半世紀で重要とされてきた批評家達が寄せたテキストやレビュー、過去出版物からの抜粋などが添えられる形で収録。これらのアーカイブの中には、リチャード・ディーコンによるスケッチやソル・ルウィットが手書きで残したカタログレイアウト、さらにはカール・アンドレの書いたインスタレーションの指示書にダン・グラハムの展覧会メモに加え、アーティストたちがギャラリーの創設者、ニコラス・ログズデイルに宛てたポストカードなど、多種多様な資料も収められており、非常に充実したコレクションが詰まった一冊となっている。

本フェアでは、LISSON GALLERYが所属アーティストたちに依頼をし、特別に制作された各アーティスト10部限定のリミテッドエディションも展示販売。アーティストが直接カバーにアートワークを施した“ハンドメイドエディション”と、本書のために提供されたアートワークをデジタルプリントした“デジタルエディション”の二種類をセレクトし紹介。そのほか、本フェアのために特別にデザインしたポスターや同ギャラリーのトートバッグなどの関連グッズも展開される。

また、今回のフェア開催に伴い、本書の編集者であり同ギャラリーのコンテンツ・チーフを務めるオシアン・ワードと所属アーティストの宮島達男、TARO NASUでの個展「Moonlighting」(5月19日~6月16日)開催に伴い来日するライアン・ガンダーをゲストを迎え、各会場にてトークイベントを開催する。

▼代官山
タイトル

「LISSON GALLERY 50th ANNIVERSARY『ARTIST | WORK | LISSON』刊行記念フェア」

日程

2018年5月11日(金)~5月27日(日)

会場

代官山 蔦屋書店(東京都)

時間

7:00~2:00

イベント

5月11日(金)19:30~:宮島達男×オシアン・ワード トーク

URL

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2018/04/lisson-gallery-50th-anniversary-artist-work-lisson.html

▼恵比寿
タイトル

「LISSON GALLERY 50th ANNIVERSARY『ARTIST | WORK | LISSON』刊行記念フェア」

会期

2018年5月15日(火)~6月3日(日)

会場

POST(東京都)

時間

12:00~20:00

定休日

月曜(祝日の場合は通常営業)

イベント

5月18日(金)17:30~:ライアン・ガンダー トーク

URL

http://post-books.info/news/2018/5/2/exhibition-artist-work-lisson

Share