伊丹豪らが表紙を撮り下ろしたインディペンデントマガジン『STUDY 8』先行販売会

04 September 2020

Share

STUDY 8

『STUDY 8』の先行販売会が、9月6日(日)まで代田橋・flotsam booksで開催中。

本誌『STUDY8』は6月にPDFマガジンとして発表済みの『STUDY7.3』にいくつかコンテンツを加えたもの。今回のカバーを飾るのは、今年7月にニューアルバム「anima」をリリースしたミュージシャン・DAOKO。写真は伊丹豪が雲間から夕陽がさす川辺で撮り下ろした。また、“両A面”仕様となった裏表紙には、映画『マイヤーウィッツ家の人々』からインスパイアされたファッションストーリーの写真を起用。こちらはフォトグラファーに信岡麻美、モデルに俳優の松嵜翔平を起用している。

本誌には、直接的に「コロナ禍」に触れたコンテンツは収録されていないが、撮影と取材はできるだけ身内もしくは少人数で完結させるなど、この状況ならではのアプローチによって制作されている。むしろその制約が生み出すクリエイション・質感に肯定的なスタンスをとること自体が、『STUDY8』においては重要なテーマとなっており、あるいはタイトルに掲げた通り「LIVE THROUGH THIS=ただ生き抜く」ことしか考えられないいまを精一杯レペゼンした1冊ともいえる。

期間中は編集人の長畑宏明も在廊予定。

タイトル

「『STUDY 8』先行販売会」

日程

2020年9月4日(金)〜9月6日(日)

時間

14:00~20:00

URL

https://www.flotsambooks.com/