いわさきちひろ「Life展」に石内都がコラボレート、
「ひろしま」を展示

「『Life展』ひろしま 石内都」が、5月12日(土)より長野・安曇野ちひろ美術館で開催。

09 May 2018

AREA

長野県

Share

© Ishiuchi Miyako「ひろしま#13」Donor:Yazu, I.

© Ishiuchi Miyako「ひろしま#13」Donor:Yazu, I.

いわさきちひろの生誕100年にあたる2018年、いわさきちひろとさまざまな分野で活躍する7組の作家が「Life」をテーマにコラボレートする企画が、安曇野ちひろ美術館で開催されている。

5月12日(土)からスタートするのは、写真家・石内都とのコラボレーション展「ひろしま」。1945年8月6日の広島の原爆で被爆した人たちの遺品の中から、肌身に直接触れたものを中心に選び、ライフワークとして撮影を続けている石内。一方、いわさきは被爆した子どもたちの作文や詩を編んだ本『わたしがちいさかったときに』(1967年 童心社刊)のために絵を描いた。

直視するにはあまりにも大きな惨事の影に見失いがちな、一人ずつの生に焦点をあてた写真と絵本による作品は、過去の歴史的事実にとどまらず、現在その作品を見る私たちにさまざまなことを問いかける。

なお、会期初日には石内によるアーティストトーク、5月26日(土)には美術館スタッフによるギャラリートークが行われる。

【ご招待券プレゼント】
IMA MEMBERS限定で本展の招待券を5組10名様にプレゼント。締切は2018年6月11日(月)まで。申込はこちら(IMA MEMBERSの詳細・登録はこちら)。

タイトル

「Life展」ひろしま 石内都

会期

2018年5月12日(土)〜7月16日(月)

会場

安曇野ちひろ美術館(長野県)

時間

9:00~17:00

休館日

第2、4水曜

入館料

【大人】800円【高校生以下】無料

URL

https://100.chihiro.jp/exhibitions/life/174

いわさきちひろ 死んだ女の子『わたしがちいさかったときに』(童心社)より 1967年

© Ishiuchi Miyako 「ひろしま#6」Donor:Tanaka, H

© Ishiuchi Miyako「ひろしま#44」Donor:Kanehashi, K. 2007

© Ishiuchi Miyako 「ひろしま#43」Donor:Yamane, S

いわさきちひろ 焼け跡を見つめる少年 『わたしがちいさかったときに』(童心社)より 1967年

いわさきちひろ 見つめる少女 『わたしがちいさかったときに』(童心社)より 1967年

いわさきちひろ 泣いている少女 『わたしがちいさかったときに』(童心社) より 1967年

Share