独自の視点で京都の“笑い”を切り取る、
布垣昌邦「洛中洛外観察日記 其の弐」展

日記を付けるように切り取り続けた京都の15年間。

03 October 2018

AREA

東京都

Share

洛中洛外観察日記 其の弐

布垣昌邦の写真展「洛中洛外観察日記 其の弐」が102日(火)から四谷・TOTEM POLE PHOTO GALLERYで開催される。

15年前から京都の街を日記を付けるように歩き続けながら、面白いと思う瞬間にシャッターを切る布垣。自身の面白いと思う笑いを主軸とし、客観的な視点からとらえられた被写体のフォルムや動きには、どこか笑いの要素が含まれている。

京都の街の日常的風景の中で創造された布垣の少し笑える空間を体感してみては。

タイトル

「洛中洛外観察日記 其の弐」

会期

2018年10月2日(火)~10月14日(日)

会場

TOTEM POLE PHOTO GALLERY(東京都)

時間

12:00~19:00

休館日

月曜

URL

http://tppg.jp/exhibitions/2018/nunogakimasakuni_rakuchurakugai2.html