日本有数のシュールレアリスム作家の作品を楽しむ
「主観主義写真における後藤敬一郎」展

主観主義研究会協力のもと、ヴィンテージ写真、フィルムから新たにプリントをした作品群などを展示。

07 November 2018

AREA

東京都

Share

主観主義写真における後藤敬一郎

戦前から戦後にかけて名古屋をベースに活動した写真家・後藤敬一郎の写真展「主観主義写真における後藤敬一郎」が上高田・スタジオ35分で11月14日(水)から開催される。

シュルレアリスムに傾倒し、被写体やスタイルを変化させながらも生涯にわたって前衛写真表現に取り組んだ後藤。戦後には瀧口修造を中心として結成された日本主観主義写真連盟に加わり、名古屋の盟友・山本桿右(詩人、写真家)らとともにその中でも異彩を放った。

本展では戦前・戦後のヴィンテージ写真とともに主観主義写真として撮影されたフィルムから新たにプリントをした作品群と、本展に合わせ制作した作品集を紹介する。

会期中の11月16日(金)には写真評論家・飯沢耕太郎、主観主義研究会・中村惠一、スタジオ35分・酒航太の3名によるトークイベントも開催。先着15名、要予約(35minutesonly@gmail.com)。

タイトル

「主観主義写真における後藤敬一郎」

会期

2018年11月14日(水)~12月1日(土)

会場

スタジオ35分(東京都)

時間

18:00~23:00

休館日

日月火曜

URL

http://35fn.com/

Share