被写体を携帯端末から発せられる光によって印画する、相川勝「Sandy Shores」展

「ジャンプ -アートにみる遊びの世界-」など、国内外で活躍する写真家の最新展。

19 July 2019

AREA

東京都

Share

Grapeseed

Grapeseed/パネル、写真乳剤/883.9×497.8 mm/2019年/ © Masaru AIKAWA

相川勝「Sandy Shores」が810日(土)まで祖師ヶ谷・GALLERY TAGA 2で開催中。

大学在学中から「複製」と「身体」をテーマにした作品を発表し、2010年からは「複製芸術」や「著作権/違法コピ ー」等に注目して、ロックやメタルなどのCDアルバムを肉筆とアカペラにより完全コピーする「CDs」を制作し続けている相川。近年は、ネットワークや携帯端末の発達によって現れる状況を提示する写真作品も制作。

本展では、ゲーム上の風景やAIが生成した人物といった被写体をプロジェクターやタブレットから発せられる光によって印画した写真作品を展示する。

タイトル

「Sandy Shores」

会期

2019年7⽉18⽇(木)~8⽉10⽇(土)

会場

GALLERY TAGA 2(東京都)

時間

12:00~19:00(最終日は17:00まで)

休館日

水・日曜、祝日

URL

https://gallerytaga2.com/aikawa-masaru-2019

Share