二つの異なる地を繋ぐ、
清水裕貴「Birthday beach」展

写真、短編小説、そのほかさまざまな断片を用いて構成。

30 September 2019

AREA

東京都

Share

Birthday beach

清水裕貴「Birthday beach」展が末広町・nap galleryで10月16日(水)から開催される。

土地の歴史や伝承のリサーチをベースにして、写真と言葉を組み合わせて風景を表現している清水。2011年「1_Wall」グランプリ受賞、2016年三木淳賞受賞など、精力的に活動を続けており、近年は小説も発表。船橋に予約制ギャラリー tide/poolをオープンした。

本作は波打ち際に流れ着くものたちの物語。度重なる開発で幾度も姿を変え、埋め立てられた船橋の海岸。嵐で消失した砂浜が30年ぶりに突然姿を現した、アイルランドのアキル島。二つの異なる土地で出会った風景を繋ぎ、写真、短編小説、そのほかさまざまな断片を用いて構成した作品が公開される。

また、PGIでも清水の個展「Empty park」が10月24日(木)より同時開催される。

タイトル

「Birthday beach」

会期

2019年10月16日(水)~11月23日(土)

会場

nap gallery(東京都)

時間

12:00~18:30

休館日

日月火曜、祝日

URL

http://napgallery.jp/exhibitions/清水-裕貴/