其処で其の時を生きた証を写真で切り取る、山田利郎「『MESSAGE』~未だ自分の影があるうちに~」

「富士フイルムフォトコンテスト入賞作品展」も同時開催。

16 October 2019

AREA

富山県

Share

「『MESSAGE』~未だ自分の影があるうちに~」

富山・ミュゼふくおかカメラ館で、山田利郎「『MESSAGE』~未だ自分の影があるうちに~」展が開催される。

誰もが安易に携帯電話で写真や動画を撮りネットの海に放り込み、さまざまな画像が否応なしに目に飛び込んでくる現代。 静止画は動画から簡単に切り出される技術が進んでいる。そんな時代でも山田は、その瞬間の「出会い」をいつまでも自分の意志で切り取り続けたいと、シャッターを切り続けている。本展では、撮ることにこだわり続ける山田の「私の其処で其の時を生きた証」を展示する。

会期中は「富士フイルムフォトコンテスト入賞作品展」が11月19日(火)~12月15日(日)に開催されるほか、トークイベントやクラシックカメラの撮影体験のワークショップなども行われる。

タイトル

「『MESSAGE』~未だ自分の影があるうちに~」

会期

2019年11月9日(土)~12月15日(日)

会場
時間

9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)

入館料

【一般】400円【高校・大学生】200円【中学生以下】無料

休館日

月曜

URL

https://s.imaonline.jp/31jUn3a