被写体の中に潜む“蓋をされた神様”と出会う、
浦芝眞史写真展「スパークリング in 森」

大阪・Galerie de RIVIEREで11月16日(土)から開催。

06 November 2019

AREA

大阪府

Share

「スパークリング in 森」

浦芝眞史写真展「スパークリング in 森」が大阪・Galerie de RIVIEREで11月16日(土)から開催される。

浦芝は2015年、男性のポートレートを撮影した作品「ゆく、ふれる やいなや」で第13回写真「1_WALL」グランプリを受賞し、大阪を拠点に制作している。

本展では浦芝が「個人の中に存在する神様に蓋をしてしまうこと」から解放されたときの「大人」の姿をとらえた作品を公開する。

「今はただ純粋に、社会的な文脈から身体を解放することに興味があります。幼児の延長線上にある大人として人を捉えたいと思っています。」と語る浦芝。被写体が開放的になれるよう、住んでいる場所の近郊、自然がある場所で撮影する中で、被写体の中にいる「蓋をされた神様」と浦芝が出会い、いきいきと弾ける様を写し出した作品となっている。

タイトル

「スパークリング in 森」

会期

2019年11月16日(土)~12月1日(日)*土日のみ

会場

Galerie de RIVIERE(大阪府)

時間

12:00~19:00(入場は閉廊の30分前まで)

定休日

月~金曜

鑑賞料

500円

URL

https://riviere-g.urdarkroom.com/exhibition/urashibamasashi/20191116.php