安村崇「態態」展、初となる映像作品も

安村崇「態態」展が、2020年1月19日(日)まで大塚・MISAKO & ROSENで開催。

25 December 2019

AREA

東京都

Share

courtesy of the artist and MISAKO & ROSEN

courtesy of the artist and MISAKO & ROSEN

安村崇の個展「態態」が大塚・MISAKO & ROSENで2020年1月19日(日)まで開催中。

安村にとって写真の外部に関心はなく、その主題/対象は写真そのもの。安村が事物を写真に撮るのは、その事物が写真としてどう現れるのかを見るためだが、ゆえにその行為には自身の意図を超えた批評性が宿っている。

今回展示される作品群では、物体と模様が外在的な内容とは無関係に併置されており、もっとも如実にその批評性が見て取れるだろう。また、安村にとって初となる映像作品の出品もあり、注目だ。

タイトル

「態態」

会期

2019年12月1日(日)〜2020年 1月19日(日)

会場

MISAKO & ROSEN(東京都)

休館日

月火曜・祭日、冬季休廊 (2019年12月28日〜2020年1月7日)

URL

http://www.misakoandrosen.jp/exhibitions/19/07/index.html

courtesy of the artist and MISAKO & ROSEN

courtesy of the artist and MISAKO & ROSEN