人類が滅びた後の東京の風景を想像する、
有元伸也「Tokyo Debugger 2019」展

03 July 2020

AREA

東京都

Share

有元伸也 写真展 「Tokyo Debugger 2019」

有元伸也「Tokyo Debugger 2019」展が、7月21日(火)より新宿・ TOTEM POLE PHOTO GALLERYにて開催される。

小学生の頃、体育の授業で校庭に出ている時、悠々と頭上を通り過ぎてゆく飛行機を見上げながら「落ちろ、落ちろ!」と心の中で念じたことがある。それは自分の手に負えない大きな存在に対するささやかな抵抗だったのか、それともその後に起こるであろう非日常的状況への期待だったのだろうか?思春期に冷戦や「ノストラダムスの大予言」を経験した世代の屈折した感性なのかもしれないが、人類が滅びた後の地球の姿を想像するのは個々の自由だろう。屈折したイマジネイションを相棒に、この東京で虫を探している。
―アーティストステートメントより一部抜粋

タイトル

「Tokyo Debugger 2019」

会期

2020年7月21日(火)~8月2日(日)

会場

TOTEM POLE PHOTO GALLERY(東京都)

時間

12:00〜19:00

URL

http://tppg.jp/member/arimoto_shinya/tokyodebugger201.html