05 February 2021

消えゆく町家の痕跡をとどめる、
三宅章介「切妻屋根の痕跡のための類型学」展

05 February 2021

AREA

京都府

Share

切妻屋根の痕跡のための類型学

三宅章介「切妻屋根の痕跡のための類型学−Typology for Traces of Gable Roofs−」展が2月23日(火・祝)より京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクにて開催される。

京都市では昨今、老朽化した町家が次々と解体され、そこここに空き地が出現している。取り壊された家の隣家の外壁には今はなき家の屋根などの痕跡が残り、かつてその屋根の下にあったであろう暮らしを偲ばせているが、またその地に建物が建てば、物理的にも人々の記憶からもその痕跡は消え去ってしまうだろう。

本展では、街を歩いて収集したそういった痕跡をベッヒャー夫妻のタイポロジー(類型学)へのオマージュを込めて「切妻屋根の痕跡のための類型学」と名付け、展示する。

タイトル

「切妻屋根の痕跡のための類型学」

 
会期

2021年2月23日(火)〜3月7日(日)

会場

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク(京都府)

時間

11:00~18:00(最終日は17:00まで)

URL

https://kyoto-muse.jp/exhibition/130366

Share

Share

SNS