木村和平の新刊『袖幕』はバレリーナが見る“光”

発表会場の袖幕から見えるおおきく力強い“光”をとらえる。

07 May 2018

Share

袖幕

4月より開始したブックレーベル・aptpの第一弾として、木村和平の3冊目となる写真集『袖幕』が刊行される。

実家で偶然一枚の古い写真を見つけたことがきっかけとなり、2013年から現在までプライベートでバレエ教室を撮影し続けている木村。今回、彼のシャッターがとらえるのは、小さなバレリーナたちが待つ発表会場の袖幕から見えるおおきく力強い“光”だ。

舞台袖に下がる幕=袖幕を感じてもらえるように、臙脂色の布で装丁された本書をめくることで、木村の記憶に残るその“光”をなぞらえていくことができる一冊となっている。

タイトル

『袖幕』

出版社

aptp

価格

4,500円+tax

発行年

2018年

仕様

ハードカバー/188mm×243mm/80ページ

URL

https://aptpbooks.theshop.jp/items/10598509

Share