世界中の子どもたちと何も変わらない天才や独裁者たちの幼年期から見えるもの、オリビエ・スッター作品集『CHILDREN』

03 June 2020

Share

CHILDREN

スイスを拠点に活動するアーティストであり美術教育者のオリビエ・スッターの作品集『CHILDREN』。

本書に収められた写真がさまざまな時代のものであることは、ポートレイトの撮り方やスタイルの違いからわかる。一人で、もしくは父親や母親、兄弟姉妹や友達と一緒に写っている子どもたちの写真を見ているとなぜ彼らがこのコレクションに加えられたのか疑問になってくるが、ページを捲るうちに、彼らが未来の作家や数学の天才、果ては独裁者まで、有名無名の人々の幼い時の姿であることがどことなくわかってくる。そこに気づくと、子供たちの顔の特徴や表情から未来の姿を想像せずにはいられなくなる。

しかし、登場する子どもたちの顔を見ていると、顔を見ればその人の運命がわかるという考えがいかにナンセンスであるかがよくわかる。観る者は、スッターが提示する世界中どこにでもいる子どもたちと何ら変わるところのない何十個もの幼い顔を見つめ、彼らがどんな大人になったかを知り、ただただ面白がったり驚かされたりするばかりである。

タイトル

『CHILDREN』

出版社

Edition Patrick Frey

出版年

2019年

価格

6,000円+tax

仕様

ハードカバー/124mm×167mm/288ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/children-by-olivier-suter