自分は世界をどのように認識しているのか?
トマス・クルンプケ作品集『The Whispering of Things』

03 June 2020

Share

The Whispering of Things

スイス人アーティスト、トマス・クルンプケの作品集『The Whispering of Things』。2008年から毎日写真を撮るようになったクルンプケは、現像した写真をノートに貼り付けて相関関係を考察し、イメージについて文章化してきた。こうして、彼のものの見方の記録、写真日記、彼が目にしたものをマッピングした地図をまとめてできあがったのが本書である。

クルンプケはどこにいてもどんなものでも撮影するが、イメージから何かを取り除いたり、追加したりもしておらず、ライティングさえも使わない。そうして撮影された写真には、戦争も貧困も奇抜なランドスケープも、目を引くようなものは何も映っていないが、日常生活と呼ばれる景色を写真に撮るという行為が世界を見知らぬものに変えている。撮影したイメージを日常に溢れるメディア写真と対比させることによって、クルンプケは記憶や夢で行われるのと同じように自身の人生をコード化し、自分だけのパラレルワールドを作り出す。イメージとテキストのモンタージュを通じて、彼は自らの世界に対する理解がどのように形成されるのかを探求しているのだ。なお本書は、ドイツ語版(『Das Flüstern der Dinge』)が2017年に出版されている。

タイトル

『The Whispering of Things』

出版社

Edition Patrick Frey

出版年

2019年

価格

6,800円+tax

仕様

ハードカバー/165mm×220mm/628ページ

URL

https://ja.twelve-books.com/products/the-whispering-of-things-by-thomas-krempke