Photobooks of the Month

書店員がピックアップする10月のおすすめ写真集【UTRECHT編】

Looking at different things / Doing the same thing

Looking at different things / Doing the same thing

東京には、個性的なセレクトが光るブックショップが数多く点在する。その中で、アートに力を入れる大型書店や個性的なアートブックやZINEを扱うインディペンデントブックショップなど、写真集を扱う4店舗の書店員が、毎月おすすめの写真集を3冊ずつピックアップ。

セレクト・文=黒木晃(UTRECHT)

雑誌、広告を中心に活動する写真家・濱田晋による写真集。アートディレクター/グラフィックデザイナーの吉田昌平が主宰する「白い立体」が、今秋立ち上げる出版レーベルの第一弾として刊行された本書は、濱田がこれまで撮りためてきた写真作品のほか、ドローイング、立体作品をまとめたもの。良い意味で脈略のない写真群の集積は、あちこちに思索を巡らすきっかけとして、何度もページをめくりたくなる。対象をぐっと引き付けて撮られた写真と、空(くう)を写すように力の抜けた写真との緩急も、本書の魅力かもしれない。柔らかな紙質とめくりやすい仕様で、ベッドサイドブックとしても楽しめる一冊。

タイトル

濱田晋『Looking at different things / Doing the same thing』

出版社

白い立体

価格

1,800円+tax

発行年

2018年

仕様

ソフトカバー/178mm×118mm/190ページ

備考

http://utrecht.jp/?product=looking-at-different-things-doing-the-same-thing


作家としての活動も行いつつ、金沢にてアトリエスペースIACK(アイアック)の運営も行う、写真家の河野幸人。IACKでは、新刊古書問わず、書籍を展示形式で紹介するなど、作家としてだけでなく、書籍の流通、販売方法においても、今後の活動が期待される一人。

本書は、東京を拠点に活動するデザインスタジオwellの「#0 capsule collection」の服を、モデルたちがフィッティングしている様子を記録した作品集。撮影を河野幸人が担当している。ごく日常的な室内風景の中で、くつろいだりお菓子を食べたりする、若者たちのある一日のささやかな記録としても見ることができる。撮影の舞台裏と表をそのままにとらえるバランス感覚は、ブランドのイメージとも絶妙に合致している。ほとんどの写真はページに上辺だけ貼り付けられ、またページ間にはところどころポストカードが差し込まれており、読者の行動を誘う立体的な作りになっている。

タイトル

Well『back to front』(写真:河野幸人)

出版社

Well

価格

3,000円+tax

発行年

2017年

仕様

ソフトカバー/350mm×234mm/80ページ

URL

http://utrecht.jp/?product=back-to-front


瑞々しいイメージの写真で、ファッションや、音楽シーンなどでも活動する写真家、池野詩織による写真集。スナップ写真を中心にまとめた本書では、思わず笑ってしまいそうな出来事や、夜の街に乱反射する光、親しい友人たちが見せる表情など、コミカルでありながら、どこか刹那を感じさせる風景が収められている。シンプルな構成だが、降って降りて来たような一瞬を確実にとらえる彼女の瞬発力と感性のつまった一冊。

タイトル

池野詩織『オーヴ』

出版社

commune Press

価格

3,000円+tax

発行年

2018年

仕様

ハードカバー/175mm×241mm/80ページ

URL

http://ccommunee.cart.fc2.com/ca66/1012/p-r-s/

UTRECHT / NOW IDeA
アート・デザイン・ファッションなどの書籍を取り扱う神宮前のブックショップ。
ギャラリーが併設された店内には、普段お目にかかることの出来ない国内外のインディペンデントパブリッシャーやアーティストのZINE、書籍などが多数並ぶ。

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
tel: 03-6427-4041
12:00~20:00
月曜休み(祝日の場合は翌日)
http://utrecht.jp/