Interview
Jessica Eaton

「浅間国際フォトフェスティバル」作家インタヴュー
vol.4 ジェシカ・イートン

Selected Works

Selected Works

アート写真を楽しむ祭典「浅間国際フォトフェスティバル」が2018年8月11日(土・祝)、浅間山の麓に位置する長野県御代田町で開幕した。

本フェスティバルは、将来この御代田町に設立される写真美術館を見据えてスタートする、カメラ大国・日本らしい写真の祭典。国内外からは31名の写真家が参加し、アート写真が巨大バネルや立体作品、ムービー、スライドショー、インタラクティブな撮影体験まで、5,300坪におよぶ敷地の中にさまざまな形で点在し、フェスティバルならではの写真の面白さを競い合っている。

出展作家に迫るインタヴュー、第4回目は絵画の物理的な要素をカメラだけが持つユニークな視点からのみ想像したり見たりすることができる、二次的で抽象的なイメージに作り変えたジェシカ・イートン。

タイトル

「浅間国際フォトフェスティバル」

会期

2018年8月11日(土・祝)〜9月30日(日)

会場

旧メルシャン軽井沢美術館 周辺エリア(長野県)

時間

10:00~18:00(最終入場は閉場の30分前まで)

入場料

無料(イベントは要参加費)

URL

https://asamaphotofes.jp/

ジェシカ・イートン|Jessica Eaton
1977年、カナダ生まれ。2006年にエミリー・カー・インスティテュート写真学部を卒業。2011年にオランダの写真雑誌『Foam』のTalent号に選出され、翌年にはイエール国際モード&写真フェスティバルでグランプリを受賞し、世界中から一躍注目を集めた。現在はモントリオールを拠点とし、世界各国で作品を発表している。