Kyoji Takahashi

注目作家の作品を毎日配信!第41弾は高橋恭司

「WOrld's End」写真はいつも世界の終わりを続ける
1992年のデレク・ジャーマンの庭、201X年のベルリン、ロンドン、東京の路上。天使の眼に映る「世界の終わり」とそのつづき。映像と写真の世紀にジャーマンが遺したものへの返答が、ここにある。

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

高橋恭司/WOrld’s End

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

写真はいつも世界の終わりを続ける

作品集名: WOrld’s End  

作品一覧