IMAPEDIA

shimanekenritsubijutsukan_imapedia_main

宍道湖畔の写真コレクション

宍道湖畔に立つ島根県立美術館では、写真をコレクションの柱のひとつとしている。ダゲレオタイプから今日までの国内外の写真2200点余りを収蔵する。松江藩主・松平斉貴が幕末にいち早く写真術を導入したことから、塩谷定好、植田正治、奈良原一高、森山大道など郷土ゆかりの写真家のコレクションを中心とした日本の写真を収集。また海外の写真は、写真の創世期、ピクトリアリスム、モダニスムから戦後にいたる写真史を代表する写真を収集している。360㎡のコレクション展示室で年4回の展示替をしながら、常時約120点を展観する。そのほか約700㎡を使った小企画展、また1000㎡の企画展示室での500点規模の写真展なども開催している。

  • 「モダンフォトグラフィー」2017年

    「モダンフォトグラフィー」2017年

    コレクション展示室

  • 「愛しきものへ 塩谷定好 1899-1988」2017年

    「愛しきものへ 塩谷定好 1899-1988」2017年

    企画展示室

住所

島根県松江市袖師町1-5

電話番号

0852-55-4700

営業情報

10:00~日没後30分(展示室への入場は閉館時刻の30分前まで/10月~2月は18:30まで)

公式サイト

http://www.shimane-art-museum.jp/

公式SNS

Facebook

関連記事

VIEW MORE TOPICS

※過去に雑誌IMA、IMA ONLINEに掲載された内容をもとにしています。
情報が変更になっていることがありますので、詳細は公式HPなどでご確認ください。