IMAPEDIA

『太陽の鉛筆 沖縄・海と空と島と人びと・そして東南アジアへ』東松照明(毎日新聞社、1975)

『太陽の鉛筆 沖縄・海と空と島と人びと・そして東南アジアへ』東松照明(毎日新聞社、1975)

PROFILE

1930 – 2012
愛知県生まれ。54年愛知大学経済学部卒業後、岩波写真文庫のスタッフに。56年に独立。59年に奈良原一高や細江英公と写真家集団「VIVO」を設立。61年に長崎を取材し、土門拳と共著で『hiroshimanagasaki document 1961』を発表。72年より沖縄に移住し(98年には長崎に移り2010年から再び沖縄へ)、75年に『太陽の鉛筆』を発表。95年に紫綬褒章受賞。沖縄ではワークショップなども多数行い、多くの写真家を育てた。2012年12月に永眠。享年82歳。

公式サイト

http://interface.world.coocan.jp/

関連商品を購入

IMA ONLINE STORE

RELATED TOPICS

VIEW MORE TOPICS

※過去に雑誌IMA、IMA ONLINEに掲載された内容をもとにしています。
情報が変更になっていることがありますので、詳細は公式HPなどでご確認ください。