“公園”をテーマとしたアートブックフェア
「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」

毎週入れ替わる出展者ブースや展覧会のほかにワークショップ、トークショーやサイン会などさまざまなイベントを開催。

22 February 2019

AREA

東京都

Share

TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition

2009年にスタートしたアート出版に特化した日本で初めてのブックフェアであり、現在では、個性豊かなアートブック、カタログ、アーティストブック、そしてZINEなどを出版するアーティストや出版社が一同に集結する場所として、アジアで最大規模のアートブックフェアとなっているTOKYO ART BOOK FAIRが「Ginza Edition」としてGinza Sony Parkで3月8日(金)から1カ月にわたり開催される。

Ginza Sony Parkのコンセプトである“公園”をテーマに掲げ、日々制作に励む作り手たち、そして彼らが作る印刷物と繋がる場を創出し、アートブックの魅力を多角的に紐解いていく今回。 毎週末入れ替わりで25~30組ずつ、合計約150組の出展者が参加し、それぞれのテーブルで、来場者と直接コミュニケーションをとりながら印刷物の魅力を伝える「Exhibitor Booth」が並ぶ。

出展者ブースのみならず、展覧会も毎週入れ替わり、デザイナーデュオOK-RM&写真家のダニエル・シェア、現代美術家の河井美咲、写真家のホンマタカシ、そして映画監督・アーティストのミランダ・ジュライが、印刷物にまつわる作品を展示。そのほか、本作りのプロセスが体験できるワークショップ、トークショーやサイン会など様々なイベントが開催される。

タイトル

「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」

会期

2019年3月8日(金)〜4月7日(日) 4月14日(日)まで会期延長

会場

Ginza Sony Park(東京都)

時間

10:00〜20:00(3月8日は17:00〜21:00のみ)

入場料

無料

URL

https://tokyoartbookfair.com/ginzasonypark/

OK-RM & Daniel Shea © 2019 OK-RM & Daniel Shea

MISAKI KAWAI Arty, 2012 Installation view at The Watermill Center, NY Courtesy of the Artist and Justin Waldron