横田大輔の最新作を言語化するトークイベント
「無意味な時間の部屋」

ジョルジュ・バタイユ研究者の大池惣太郎がゲスト。

14 June 2019

AREA

東京都

Share

無意味な時間の部屋

2009年に「1_WALL」からキャリアをスタートした横田大輔は現在、銀座のガーディアン・ガーデンで開催中の「Room.Pt.1」においてこれまでにない素材や手法を取り入れ、コンセプトの面でも新しい局面に移行している写真家だ。

6月21日(金)、ガーディアン・ガーデンにてトークイベント「無意味な時間の部屋」が開催される。本イベントは最新作の制作プロセスはどのようなものだったのか、その根底にある興味や問題意識はいかなるものなのか。フランス思想、ジョルジュ・バタイユ研究者の大池惣太郎をゲストに迎え、対話を通じて言語化を試みるものである。

タイトル

「無意味な時間の部屋」

日程

2019年6月21日(金)

会場

ガーディアン・ガーデン(東京都)

時間

19:10~20:40

URL

http://rcc.recruit.co.jp/gg/related_post/event/20190604_35520.html

Share