インスタレーションと映像により提示される記憶の断片、横田大輔「Room. Pt. 1」展

横田が長年にわたって撮影してきた、いくつかのホテルの内観や、旅をした土地の風景を作品化。

02 May 2019

AREA

東京都

Share

Room. Pt. 1

Untitled, for「Room. Pt. 1」,2019

横田大輔の写真展「Room.Pt.1」が銀座・ガーディアンガーデンで5月14日(火)から開催される。

本展は、平面作品だけではなくインスタレーションやマルチ・チャンネルの映像によって構成。作家が長年にわたって定点観測のように撮影してきたホテルの部屋や、訪れた洞窟、旅をした土地の風景が登場する。

作家にとって、過去や記憶は固定化されたものではなく、それを想起する主体である自身の状態に依って変化していくものだ。何か特定の“支持体”に定着したイメージは一時的な姿に過ぎず、さまざまなメディア間を転移し、ときに同じ姿で、ときに少し姿を変え、鑑賞者の前に現れる。

それらイメージの集積は、脳によって整理され、辻褄の合うひとつの経験として統合されることを避け、記憶の断片として無防備に提示されているように見えるだろう。

タイトル

「Room. Pt. 1」

会期

2019年5月14日(火)~6月22日(土)

会場

ガーディアン・ガーデン(東京都)

時間

11:00~19:00

休館日

日曜

URL

http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_sec_ph_201905/gg_sec_ph_201905.html

Untitled, for「Room. Pt. 1」,2019

Untitled, from《Color photographs》, 2015

Cloud, from《Site/Cloud》, 2012

《Site/Cloud》展示風景(Foam美術館), 2014 撮影:大谷臣史

《Matter/Vomit》展示風景(あいちトリエンナーレ2016)

Share